• トピックス
  • NEW

社員食堂内にパーテーションを設置して飛沫感染対策

社員食堂内にパーテーションを設置して飛沫感染対策

長テーブルにセッティング

社員食堂内にパーテーションを設置して飛沫感染対策

収納時に扱いやすい足元

食品加工業様

導入場所:
【静岡県】
導入目的:
  • 作業効率改善
使用製品:
飛沫感染防止パーテーション
課題
社員食堂におけるコロナ感染予防対策として2点の問題点がありました。
①大勢の人間が同一時刻に集まるため、密になる状態だった。
②対面で食事をしているため、会話をすると飛沫が拡散してしまう。

導入効果

社員食堂内にパーテーションを設置して飛沫感染対策
  • 導入効果
社員食堂内では長テーブルを対面式で使用し、収容人数を抑えて食事をしていましたが、一度に食事ができる人数が限られていました。
パーテションを設置したことで、食堂内のスペースが広がり、飛沫感染を予防しながら、同時に食事ができる人数を増やすことができました。

テーブルの拭き掃除のしやすさや食事中の狭さを解消するために、卓上置きタイプのパーテーションではなく、床置きタイプのパーテーションにしました。
万が一の転倒リスクを軽減するためにボードはアクリル板でなく、透明シートを採用し、軽量化をはかり、重心バランスをとりやすくしています。 

社員食堂内にパーテーションを設置して飛沫感染対策

足元部分は回転ができるので、レイアウト変更時や収納時に扱いやすくなっています。
使用しない際は省スペースでスタッキングしておくことができます。

導入後のご感想

【お客様より】
対面式のテーブルでパーテーションを挟み、使用することで、食堂内のスペース(縦横の間隔)が拡大し、
飛沫感染の予防につながっているのではないかと感じています。

【ヤザキ担当者より】
御導入ありがとうございました。
ご相談をいただき、イレクターの自在性でオリジナルのパーテンションを早期に具現化でき、お悩みにお応えできたようでよかったです。
今後も様々なご提案をさせていただきます。引き続きよろしくお願い致します。

ご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

メニュー

お問い合わせ

トップに戻る